一番お得なポイントプログラムは?

クレジットカード選びで頭を悩ますのは、どのポイントプログラムを利用するべきか?ということ。
ポイントプログラムの具体れとしては、JCBの「Oki Dokiポイントプログラム」、VISAの「ワールドプレゼント」、アメックスの「メンバーシップ・リワード」、楽天カードの「楽天スーパーポイント」、セゾンカードの「永久不滅ポイント」、イオンカードの「ときめきポイント」などなど多数。 カードブランドや発行会社ごとに、独自のポイントプログラムを展開しているため、サービス内容やポイント還元率などもそれぞれ異なります。

どのポイントプログラムが一番お得かは、カードホルダーの利用方法によって変わってくるため一概には言えません。 また、あれもこれもと分散させてしまうと、逆にポイントが全く貯まらないという状況に。 そのため、自分に最適なポイントプログラムを選んで、そのポイントをしっかり貯めていくことが重要になります。

では、どう選んだらいいの?

最もスタンダードな選び方は、「シミュレーション」をしてみることです。 自分がクレジットカードで支払うものを洗い出し、それをいくつかのポイントプログラムにあてはめて考えてみる訳です。 そうすることで、どのポイントプログラムが自分に最適なものかが見えてきます。手間はかかりますが、最も確実な方法です。

とても骨の折れる作業ではある

この方法を採れば、ポイントプログラムを確実に比較することができます。しかし、その反面、大変面倒な作業でもあります。 自分がカード決済で支払うであろう項目を洗い出すことだけでもやる気が起きないのに、さらにそれをポイントプログラムごとに「何ポイント貯まるのか?」計算しなくてはなりません。 そして、「1ポイントはいくら換算か?」という換金レートもチェックする必要があります。マイルや他のポイントに換えたい場合は、それらとポイントの交換レートも考慮する必要があります。最早、想像しただけで嫌になってきますね。

ただし、一度しっかりシミュレーションしてカードを選定すれば、後から「失敗した!」と嘆くこともなく充実したクレジットカードライフが送れます。 年に何回もやらなくてはならない作業ではないので、腹をくくって頑張りましょう!

ネガティブ要素を見逃さないように

カード会社のサイトをチェックするとよくわかるのですが、基本的にポジティブな要素は大きく、ネガティブな要素は極小な文字で記載されています。 「※」の注意書きなどはまだましな方で、ひどい場合には別ページを隅々までチェックしないとわからないようになっている場合も。

ただし、どこにも書いていないということはまずありません。 ネガティブ要素を意図的に表示しなければ、「不当表示」にあたり、景品表示法に抵触することになります。 クレジットカードの比較をする場合には、カード会社のサイトを隅々までチェックして、一字一句見逃さないように注意しましょう。